ひな祭り - 簡単で栄養のある節約料理この一品!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな祭り

3月です!早い!!

春ですよ~☆始まりの季節、気持ちがウキウキしますね♪

3月といえば.....

そう、3月3日!桃の節句、ひな祭りです。

お雛様の準備出来てますか?

早いうちに出しておいて、ひな祭りが終わったら早めにしまわないと「婚期が遅れる」なんて言いますからね~。

後で後でと言っていると 私のように...(泣)これ以上は言わずに心の中で噛み締めます(笑)

そんな話はさておき、そもそもひな祭りとは↓↓

女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。

ひな人形を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭りです。

ひなあられやひし餅なども供えられています。

ひな祭りの定番のメニューといえば

・はたぐりのお吸い物
・ひし餅
・白酒
・ちらし寿司

等がありますが、これらがひな祭りに食べられるのにはちゃんと意味があるんです。

まずははまぐりのお吸い物。

はまぐりのお吸い物には、はまぐりの二枚の貝がぴったりと合い“他の貝殻とは絶対に合わない”“対以外の貝とは合わない”このことから、女の子の貞操の象徴・仲の良い夫婦を表し 一生1人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。

ひし餅には「桃色は生命、白は雪、緑は木の芽」を表し「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味がある。という説があります。

着色には、桃色は解毒作用があるクチナシの実・白は血圧を下げるひしの実・緑は厄除けの力があるよもぎが使われています。

また、ひし形は“心臓”を表していると言われ 災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

白酒は、もともとは桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから 桃の花を清酒にひたした「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていましたが、江戸時代から蒸したもち米や米麹にみりんや焼酎を混ぜてつくる「白酒」が定着しました。

白酒はアルコール度数10%前後のお酒で大人しか飲めないので、二十歳未満の女の子は「甘酒」にしておきましょう☆

ちらし寿司は、そのものにひな祭りのいわれはありませんが えび(長生き)・れんこん(見通しがきく)・豆(健康でまめに働ける)・など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉・卵・にんじん等の華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったようです。

こうして一つ一つ料理に意味があると知ると、作る時に込める思いも変わってきますよね~ひな祭りにはぜひ作りたいですね♪

さあ今日も元気にいただきまーす!

*ひな祭り(耳の日) 3月3日*

クリックよろしくお願いします
     ↓↓

料理 ブログランキングへ
スポンサーサイト
よろしければ是非コメントお願いします!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。