風邪を引けない人、必見! - 簡単で栄養のある節約料理この一品!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪を引けない人、必見!

先日、仲間たちとだいぶ遅い新年会をしました☆

いつもお邪魔させてもらっているお家に集合です。

遅れるので先にはじめてもらっていて、到着したのは夜10時をまわっていました。

またここのお家、田舎の山の中だから この時期この時間に行くと寒いのなんのって(泣)

そして家の中に入ると、すでにできあがった仲間が四人でしりとりをしていました(笑)

大の大人が四人もそろって しりとりでこんなにも盛り上がるとは...お酒の力ってこわいですね~(笑)

まぁ食べ物が美味しいとお酒も進んでしまいますからね!

そんな今日の新年会の主役は....

ぶりしゃぶ!

ぶたしゃぶ!

しゃぶしゃぶ!!!

千切りした野菜をしゃぶしゃぶさせた豚にくるんで食べる、うーん!うまい!!

幸せでした~(喜)ごまだれがなかったのが残念でしたが、ポン酢も美味しい。

そしてぶりは少し太めだったので半分はお刺身で食べました、これもまた美味しい。

しゃぶしゃぶは主役はもちろん、野菜もたくさん食べれるので嬉しいですよね~。

もやし・大根・にんじん・水菜・えのき・長ねぎ等々...

私は特に長ねぎが大好きなので 細く切ってもう山盛り鍋にドーンっといれちゃいます。

長ねぎには、消化促進・がぜん・解熱・不眠症・頭痛・食欲増進等々の効用があります。美味しいだけじゃなく、こんなにたくさん体に良いことがあるとは(驚)

特にこの時期、風邪予防の効果があるのは嬉しいですね。

昔ねぎの切ったものを首に巻いたりしていたのも、その時は分からなかったけど今なら納得です。

精油成分は気管支粘膜を軽く刺激し、鼻づまり解消に効果的です。

そして長ねぎの白い部分は、消化吸収を助け ビタミンB1の利用効果を高め 血行を良くし体を温めます。ビタミンB1の吸収や働きを高めるには、豚や牛と一緒に調理するのがオススメです。(←しゃぶしゃぶナイス!)

しかし!ここで注意!

長ねぎの中にある良い成分βカロテン(ビタミンA)、硫化アリルは熱に弱いので素早く火を通すように。

長ねぎの葉に多いβカロテン(ビタミンA)は粘膜や皮膚を健康に保ち、ウィルスや細菌の侵入を防ぎ 体の免疫力を高める効能あります。

長ねぎの茎にはビタミンC、体に有害な活性酸素を分解する働き(抗酸化作用)があり、生活習慣病や老化の進行を防ぎます。

でました!活性酸素!!

現代病と戦う野菜がここにもおりました~。

そして硫化アリルは血液をサラサラ
血行を良くし体を温める働きがあるので、寒い時期にはピッタリです。

そんな素晴らしい長ねぎ様の保存方法↓

買った時、根 泥がついているものは土に埋めておくと良いです。

切ったものはラップでしっかり密封して野菜庫へ。ビタミンや栄養の減少が少なくなります。

あ!忘れていました!

青い部分にはカルシウムもありイライラ防止、そして集中力を高める効果があります。

今から受験の方、長ねぎ 食べましょう!

さぁ今日も元気にいただきまーす!

*小ねぎの日 11月23日*

クリックよろしくお願いします
     ↓↓

料理 ブログランキングへ
スポンサーサイト
よろしければ是非コメントお願いします!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。